リッジワインについて

前のページへ戻ります

BLOG 一覧を見る

ホテルリッジの新しい仲間たち
 今年巣立った「山がら」が帰ってきました。ひまわりのタネを与えると、「どれがいいかな」とお気に入 ...
ホテルリッジの新しい仲間たち

鳴門の天気

どうぞ、お越しになる際のご参考になさってください。

リッジワインとは?


パリ対決30周年記念テイスティング第1位

リッジの歴史はサンフランシスコのイタリア人地区の名士であり医師でもあったオセアペロンがモンテベロリッジの頂上近くに180エーカーの土地を購入した1885年に始まります。斜面を段地に変え、葡萄の木を植え、そこにある石灰岩を利用してモンテベロワイナリーを建設し、1892年にはモンテベロの名前で初めてのワインを造っています。山腹に造られた3階建てのこの個性的なセラーは、現在リッジの製造場として使われています。2600フィートの位置にあって周りを「高い方の葡萄園」に囲まれています。

1940年代、神学者でフランスワインの愛好家であったウィリアム・ショートはモンテベロワイナリーの直下にあった閉鎖されていたワイナリーと葡萄園を購入し、そのうちの幾つかの区画をカベルネソーヴィニヨン種に植え替えました。

ここが「低い方の葡萄園」であり、1959年にはここからデーヴ・ベニヨンと彼の3人のパートナー(皆スタンフォードリサーチインスティテュート:SRIの技術者)が初めて自社畑産カベルネワイン10ガロンを醸造することになります。このモンテベロカベルネは60年代でカリフォルニアにおける最高品質のワインの一つです。品質とはっきりとした個性を持った1959年のこのワインと60年及び61年に同じ葡萄の樹から造られたワインは、1962年ヴィンテージに家族みんなが結束することを確証しました。1964年には隣接したピケッティランチにあった19世紀に植えられた小さな葡萄園の葡萄からリッジとして初めてのジンファンデルワインが造られました。それに引き続き1966年にはガイザーヴィルからの始めてのジンファンデルが造られました。この頃は創業者の家族が主な働き手でした。彼等はモンテベロの段地を開墾し、葡萄園を15エーカーから45エーカーに広げました。週末だけの作業でありましたが、先例のない強い風味と土地が持つ個性を持ったワインを造りました。

1967年、リッジヴィンヤーズは会社組織となりSRIを退職した デーヴ・ベニヨンが社長に就任しました。新たな出資者のおかげでペロンの古いモンテベロワイナリーを購入することが可能となりました。生産量は年間3000ケースに僅かに足らないところまで増加しました。1969年にはポール・ドレーバーがこの事業に参加しました。スタンフォード大学で哲学を学び、チリの海岸沿いにワイナリーの設立を手掛けた後帰ってきた彼は、経験に富んだ醸造家でありワイン学者でありませんでした。彼の品質の高いワインと伝統的な手法に関する知識は、リッジにより開拓された率直な手作りの手法をより完全なものとしました。彼の指揮の下に古いワイナリーは復元され、品質の高い葡萄園はリース契約をするかまたは購入され、リッジワインの安定した品質と世界的な評判が確立されました。1986年、リッジは大塚製薬により購入されました。オーナーである大塚明彦はワイナリーの運営が今までと変わらずに行われることを望むと表明しました。

リッジは現在6万から7万ケースを生産しています。カベルネおよびジンファンデルが生産量のうちのほとんどを占め、メルロー、マタロおよびペティ・シラーがわずかを占めています。リッジは赤ワインのワイナリーとして知られているけれども、限られた量であるがシャルドネを造っています。

リッジヴィンヤード 公式サイトはこちら

Ridge Vineyards

大塚食品の醸造家 黒川信治氏のコラムはこちら

Ridge Wine Column




前のページへ戻ります