ヤマガラ

2018/04/05

ブログ

ヤマガラ

少しずつ暖かくなり、このホテルリッジにも様々な鳥たちが訪れるようになりました。

瀬戸内海国立公園内にあるホテルリッジは豊かな自然に囲まれており、鳥たちにとっては居心地がよい場所のようです。その鳥たちの中で今回はヤマガラを紹介します。

ヤマガラは日本国内のほぼ全域に生息しており、全長はスズメと同じくらいの14cmほど。頭頂部と胸元が黒く、背と腹部はレンガのような褐色、羽は青色がかった灰色をしています。

ヤマガラは雑食性で木の実などを餌としているそうです。ホテルでもヒマワリの種をあげており、足の指でしっかりとヒマワリの種を押さえて、硬い殻をクチバシで突いて器用に中身を食べています。その姿がとても可愛いとお客様にも人気です。私も仕事に疲れた時にはその姿を見て癒されています。 

またヤマガラは人に対する警戒心も少ないようで、エサを与えると野生のヤマガラでも手に乗ってくるものもいます。(少しですが・・・)   

もしエサやりに興味がございましたら、ホテルにお越しの際はお気軽にフロントスタッフまでお声がけくださいませ。ヒマワリの種をお渡しします。運が良ければ手に乗るヤマガラが来るかも??

フロント 市橋